【環境品質マネジメント】私たちは、環境管理技術を提供し、健全・安全な食品・医薬品づくりと安全な医療環境づくりに貢献します。

フードセーフティジャパン2017(9/13~15)に出展いたします

TOP > 最新情報 > フードセーフティジャパン2017(9/13~15)に出展いたします

2017年8月15日更新


フードセーフティジャパン2017に出展いたします
2017.9/13(水)~9/15(金)  10:00~17:00

  製造環境洗浄・殺菌、食物アレルゲンコントロールプログラム、異物混入防止対策、微生物汚染対策等 サニテーションに関することを出展する予定です。お気軽にお立ち寄りください。
  また、セミナープログラムにて「セントラルキッチンにおける衛生管理体制の確立について」を講演いたします。 聴講無料ですので 下記公式サイトよりお申込ください。



会場:東京ビッグサイト 東ホール

出展ブース:R-53(東2ホール)

入場料:こちら↓で事前にご登録いただきますと、入場料無料となります。(当日入場券2,000円)

http://f-sys.info/fsj/registration/guide.html


弊社ブース内におきましてPRPの確立と運用についてブース内セミナーを企画いたしました。
詳細はPRPの確立と具体的運用の構築にてご確認ください。

フードセーフティジャパン2017セミナープログラムのご案内

プログラム 食品工場における洗浄殺菌技術
講演要旨   洗浄は食品工場において機器、環境からの汚染を防止する重要なPRP項目です。また、洗浄は製品への汚染防止のため定められた頻度と方法で実施する必要があります。除去すべき物質ごとに洗浄効果の検証を取りながら、適した洗剤、洗浄資材、洗浄頻度を選定し、洗浄設計をする必要があります。
  今回は、微生物、食物アレルゲン、昆虫の混入防止のための洗浄について実例を中心に基礎から応用までを解説いたします。
講師 津田  訓範
日時 2017年9月13日(木) 12:00~12:45
場所 東1ホール内セミナー会場(FE-02)
お申込方法他  
プログラム 食物アレルゲンコントロールプログラムの実際
講演要旨   食物アレルゲンは微量で重篤な健康被害を生じることがあります。食品工場は食品表示の信用性を高めるために原材料、製造工程から流通までの全体を管理しなければなりません。
  今回は、食物アレルゲンコントロールプログラム7項目を中心に、食品工場での導入、運用方法について解説します。
講師 津田  訓範
日時 2017年9月14日(木) 12:00~12:45
場所 東1ホール内セミナー会場(FE-09)
お申込方法他  
プログラム セントラルキッチンにおける衛生管理体制の確立について
講演要旨 衛生管理体制で重要なことは①温度管理②教育③洗浄の標準化と運用です。
管理ポイントは加熱調理を利用した微生物制御とともに、増殖させないための冷却温度設定と管理です。そして従業員の手袋などの着用と手洗いを遵守させ、繰り返し教育が必要です。今回はセントラルキッチンにおける衛生管理体制の確立について実例を含めて解説します。
講師 津田 訓範
日時 2017年9月15日(木) 12:00~12:45
場所 東1ホール内セミナー会場(C2)
お申込方法他  事前聴講申込制(聴講無料)
フードセーフティジャパン2017公式WEBサイトセミナー  にて受付