【環境品質マネジメント】私たちは、環境管理技術を提供し、健全・安全な食品・医薬品づくりと安全な医療環境づくりに貢献します。

昆虫動態バリデーションシリーズ4

TOP > セミナー・論文紹介 > 論文・学会実績 > 昆虫動態バリデーションシリーズ > 昆虫動態バリデーションシリーズ4

医薬品製造施設の防虫対策

PHARM TECH JAPAN,(株)じほう,
VOL.21.No.8,p.133~142(2005)


  昆虫類を制御するためにはどのような対策を進めていけばよいのか。製造区域の昆虫類を制御するためには、対象となる種の生理・生態やクリーンルーム内での発生特性を十分に認識して、特に物理的な防除方法を選択することが重要であり、本稿ではこれらを中心にして具体的な対策について解説しています。
  特に内部発生で問題となる施設・設備の防虫対策上の問題点と新設工場の設計段階の防虫の注意点の詳細を述べています。

1. 殺虫剤による昆虫の防除の問題点
2. 製造区域における防除法の基本的な考え方
3. 防虫構造基準と設計段階からの配慮
  (1) 外部からの侵入防止のための防虫構造の基準
  (2) 室内発生防止のための構造基準
  (3) 壁の内部の構造と真菌の発生


無断転写・転載厳禁。
著作権者: シーアンドエス(株),複製許諾権者:(株)じほう。
なお、本ホームページは(株)じほう様の許諾を得て掲載しています。

昆虫動態バリデーションシリーズ4